糖尿病の食事は調理方法や味付けのバランスが重要

食事

血糖値が高いと言われたら

祖父母と孫

糖尿病の原因の原因は遺伝と後天性に分かれます。血糖が高いのを放置していると合併症が起きてしまい日常生活に支障が出てしまうので、症状がないからといって放置するのは危険です。糖尿病を悪化させないよう生活の見直しをしていきましょう。

View Detail

糖質に気を付ける

医者

最近は、糖尿病の方でもいろいろな食事が楽しめるように、低糖質の食べ物がいろいろと発売されています。低糖質の調味料などもあるくらいです。なので、料理もいろいろと工夫をすることで、糖尿病の方でもいろいろな食事を楽しめるようになります。

View Detail

味付けに注意をしましょう

和食

病気の時には

最近は幼い子供でも糖尿病になるくらい、食事の質や運動の量が問題となってきています。一度病気になってしまうと完治は難しく、その前段階でなんとかすることが大切になってきます。糖尿病になる人は味付けの濃いもの、脂質や糖質の高いものを好む傾向にあって、治療用の食事というのは味気なく感じてしまうことがあります。そしてついつまみ食いなどをして、元の木阿弥になってしまうことも多々あります。糖尿病の対策はまずは自分自身の意識を高く持つこと、治そうと努力することにかかってきます。ただ大人と違って子供の場合はそういった意識を持つことが難しく、それゆえ食事にはしっかりとこだわり工夫する必要が出てくるのです。

レシピ通りに作ること

最近は糖尿病予防や対策用のレシピが多く出ていて、それらを参考に料理をしている人も多くなっています。ただ注意が必要となってくるのが、レシピを忠実に守るということで、家庭料理を作り慣れている主婦の場合、つい調味料を目分量で淹れてしまう場合があって、そうすると本来の栄養バランスが崩れてしまい、意味がなくなってしまいます。糖尿病をはじめとして、病気の治療中の食事はグラムでの調整が重要となってきて面倒かもしれませんが、しっかりと計って入れることが大切です。調味料などささやかなものだと考えるかもしれませんが、その認識は間違っています。レシピそのままに軽量すること、これが病気の治療や改善に役立ってくれます。

現代人の生活習慣

老人

現代人の生活習慣の乱れは、糖尿病のリスクを高める可能性が高いといえます。普段の生活習慣を見直し、特に食生活と適度な運動を心がけることが重要です。生活習慣を改善する意識を持つことで糖尿病のリスクを低くすることに役立ちます。

View Detail